HOME 会社概要 グループ相関図 苫小牧勇払資源開発事業 シリコン資源開発事業 お問い合わせ
HOME > 苫小牧勇払資源開発事業 : マイクロレプトン探査方法
苫小牧勇払資源開発事業 / Oil exploitation of resources business
マイクロレプトン探査方法
マイクロレプトン探査方法とは、物理学者Busuph Park博士の長年に亘る次世代の素粒子として研究していく過程で作り上げた、最新の石油探査方法です。
マイクロレプトンとは、物質を透視して外界に大きなエネルギーが発生し、これらを検知してコンピューターで解析、石油等の物質の精確な位置、採掘の最適地点等、石油埋蔵内容の全てが明らかになる最新の探査方法です。
重要な石油の質が、試掘無しの探査のみで明らかになりその探査の正確さは95%以上を誇っています。
マイクロレプトンとは何か?
物質はすべて分子構造を持っていて、分子はさらに小さな原子から出来ています。
原子の中心には原子核があり、原子核は陽子と中性子から出来ています。
陽子と中性子は各3つずつのクォークで構成されているが、このクォークとレプトンは本来同種類の粒子と考えられ、物質を作る最も基本的な素粒子だと考えられています。
よく知られている電子という呼び名もマイクロレプトンの一種です。
Copyright © 2010 Hokutou resource exploitation corp. All Rights Reserved.